profile
selected entry
categories
links
archives
others
<< 和菓子【錦秋】お菓子やさん選びの難しさ★男の茶道★沼尻宗真 | main | 茶室の【光明】男の茶道★沼尻宗真 >>

佐竹本三十六歌仙絵【和歌から茶道への変遷を学ぶ】男の茶道★沼尻宗真



.
特別展「流転100年
佐竹本三十六歌仙絵と王朝の美」
京都国立博物館
.
.
茶道必須の展観は、
皆さん京都で拝見されたかと思います。

「近代数寄者」として
明治・大正時代の実業家・茶人として活躍された
益田鈍翁さんや
郷里茨城の先達、高橋箒庵さんらの
茶の湯観まで感じる軸装でした笑い泣き

「侘び」が貧しいとか
粗末だとか不足だなんて
ありえませんね〜口笛


Special Exhibition
The Thirty-Six Immortal Poets
Elegant Arts of the Classical Japanese Court
.
Kyoto National Museum
.
The Satake version of "Sanju-roku Kasen Emaki
(hand scrolls of the thirty-six immortal poets)" were made in the 13th century, Kamakura
.
One well-known example of the latter case of emakimono, split into pieces to be transferred, is the Satake version of "Sanju-roku Kasen Emaki" (illustrated scroll of the thirty-six celebrated poets). .
.
.
旧久保田藩主・佐竹侯爵家に
伝来したことから「佐竹本」と
呼ばれています。
.
もともと佐竹氏は私の故郷、
茨城県の戦国大名であり、
室町時代以来の常陸守護の家柄です。
.
.
久保田(秋田県)入封以前の
19代当主 佐竹 義宣氏は
常陸一国54万石の大名でしたが、
関ヶ原の戦いにおける挙動を咎められ
出羽国(後の羽後国)秋田へ移封
されてしまいました。
.
佐竹義宣氏は茶人として、
師事したと伝えられています。
.
.

そして佐竹本三十六歌仙の中に、
私の故郷つくばの歌がありました。
.
.



筑波山いとどしげきに紅葉して
道みえぬまでおちやしぬらむ
.
大中臣頼基
.
.
筑波山はますます紅葉が盛んになり、
道がみえぬまで落葉していることだろう
.
.

なんて分かりやすい歌?キョロキョロ
.

.

いやいや、
やはり深いのですよ爆笑
.

つく端の山ば、ますます激しいので
飽き色の身の端も、神仏の道も
人の道も無きまでに、
散ってしまっただろうか。
.
.
奈良時代初期より
人々の紅に燃えた時代の心を、
真っ赤な紅葉のうつろひにかけて、
いとおしんでいるように私は思います笑い泣き
.
.
ここに『侘び』があり

『茶』がありますね〜

.




.

コメント
コメントする