profile
selected entry
categories
links
archives
recent comment
others
<< 茶道の源流を訪ねて【宋の時代】を知る★男の茶道★沼尻宗真 | main | 現代の陶芸家★別冊太陽☆沼尻真一 >>

茶道の源流を訪ねて【まとめ】リーテ・ラトバリタ・ウルス ★沼尻宗真



Instagram




茶道の源流を訪ねて【宋の時代を知る】

【まとめ】

茶道の源流「宋の時代を知る」は

いかがでしたでしょうか。


ただざっくり茶道のお稽古で

唐だか、宋だか


お茶を渡来ものとして崇め

日本の今の茶道のイメージを

固定してしまうのでなく、


やはり、日本に伝わる前の

宋の国のイメージって

とても大事だと私は思います。


そこは千家流の茶道でも、

違う流派の茶道でも

宗派の違いも関係ありません。


表千家が品が良く

裏千家が華やか等々

間違ったイメージも必要ありません。


お茶はAiが教えているのではなく

人間が伝えています。

だから同じ流派でも全てのお茶が違います。





茶の喫茶法を栄西禅師が

日本に持ち帰り伝え、

利休居士がわび茶を大成した。


この茶道の歴史は

あくまで便宜上のものです。



茶道はそんな単純ではないようです。


だから茶道は深くて面白い。


なぜ茶道は点てるというのか?

なぜ茶道は一服というのか?



実はこの単純な言葉が


百丈懐海さん(ひゃくじょうえかい)

749年〜814年は、唐時代の禅僧です。

禅宗の清規しんぎとは、
禅宗の僧の生活規則です。

この百丈懐海さんが記した
『百丈古清規』から〜


日本の茶道となり


実は1200年の歴史を背負っていて

唯一変わらないものだとしたら、


茶道の稽古をする上で

とても大切なことだと

私は思っています。




リーテ・ラトバリタ・

ウルス アリアロス・バル・ネトリール 


ラピュタ語で


「我を助けよ、光よよみがえれ」という意味。


 シータは幼少期、この呪文

「困ったときのおまじない」として

祖母から教わっていました。


つまりシータと同じ偉大な先達の呪文かも

しれません💧


そして、それが


前礼・後礼を重んじる茶道の意義に

確実につながっているのです。



そんな茶の湯の全景を描きながら


私たちは皆さんへの大切な稽古を

点前だけではない実践を

していきたいと考えています。



茶道口に座し


「一服さしあげます」


挨拶が変わりますね。




コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック