profile
selected entry
categories
links
archives
recent comment
others

つくば 気象研究所 気象観測用鉄塔は本当に解体されるのか − 沼尻真一

 


6月に気象研究所の鉄塔が、今年度中に解体されるという
ニュースを目にし、自分なりの考えをブログに書かせてもらった。

自民党から民主党政権となった今日
国土交通省管轄のこの気象庁、気象台の鉄塔は
本当に今年度中に壊されてしまうのかどうか知りたい。

巷では解体予算がつかず、今年度中の解体は
延期されるだろうという噂が流れている。




高さ213mのつくばタワーは、極太の鋼鉄製ワイヤーで支えられている。



どうやらこの階段の上にELVがついているようだ。



高度ごとに風速や風向データを調べている。



213mの基礎は意外にシンプルで、とても細い。
パリのエッフェル塔、東京タワーにしてもこれほど足場が
細いという鉄塔はないと思う。

この建築方式は何という工法なのだろう。



略してつくばタワーの愛称は M.O.T モット?



こんな大きな芝生の中にMOT はそびえている。



つくばのモスクだ。

つくばのモスクは草原の中に真っ白な姿でたたずんでいる。

森とこの建築、このフォルム、機能美が生んだアート作品だ。

小学校の頃、学研の科学と学習という実験雑誌を

正門のところにおばちゃんが来て売っていたが、

僕は小遣いがもらえなくて、それは買えなかった。

購入した友達の、簡易顕微鏡やら実験道具やら見て

なんて奇妙で綺麗なんだろうと思った。

小学校の実験室に入って、顕微鏡やアルコールランプや試験管、フラスコ

人体模型、くじらの髭、ホルマリン漬けにされた様々な生体を見て

ドキドキしたのと一緒の感覚だ。

つくばには、気象研究所だけでなく巨大な理科の実験室のような町だから

単に研究がどうのこうのと言うだけでなく、用の美がある。

「つくばサイエンス・アートツアー」という企画で、各研究所がどんな研究をしているか

ではなく、そのアートの価値も見出しても良いのではないか。

柳宋悦の「民藝」ではなく、アートから一番遠いであろう、役所の

「官藝」だからこそ、気をてらった現代アートや雄弁な建築より断然おもしろい。

ガウディもびっくりするだろう。

それは宮崎駿監督のスタジオジブリの「ハウルの動く城」のその城が

つくばの研究所の建物だったりするからだ。

学芸員や美術史家に取り上げられなくたって、むしろそんな美術史の

歴史のなぞりは疑って、自分の見立てを信じるべきだ。




気象台の場所には、クヌギや栗、赤松など、もともとつくばに自生していた
つくば原生林をみることができる。

ここには、学園都市内でも見られなくなった、
野ウサギなどがいまだに住んでいる。

恐らく気象研究をするという手前、周辺環境に人工物があっては
しっかりとした、データを観測することができないという事で、
このようにつくばの原生林が残っているのだろう。

倒木もそのままおかれている姿が美しい。








鉄塔解体のニュースが流れてから、この森を切り拓き道路建設工事が
気象研究所内ではじまった。

せっかくの手付かずの原生林が唯一残っていた
気象研究所だっただけに残念だ。

鉄塔解体する場合、スムーズに鉄骨を運びだすためだろうか?

それとも、職員が西大通国道408号線に出やすくするために
元々信号機のあるどうろへ直結させるためであろうか?






このように、現在T字路になっている西大通り国道408号線へ
写真左側の気象研究所敷地内から、一本の道路が建築中で
おそらくこの信号に直結させるのだと思う。

そしてこの交差点は十字路になるのだろう。

民主党政権とこの道路の突貫工事は何か関係があるのだろうか。

国土交通省管轄だけあって、どうろ建設のスピードはとても早い。














気象研究所 タワー・鉄塔解体される その2 / 沼尻真一

JUGEMテーマ:つくば遺産


つくば気象研究所 タワー・鉄塔の今年度解体のニュースを聞いて
僕なりの再利用の提案について、つくば気象研究所 企画室にメールを
してみたが、残念ながら返事をもらえなかった。


ただ良かったのは、ネット上でつくば気象研究所 タワー・鉄塔の
今年度解体のニュースが話題になっていたことだ。
同じような意識の人が少なからずいてよかったと思う。

つくば市は日本国内でもでも珍しく、
国や県や市の機関が一同に介している街だと思う。

僕が子供の頃は、今のつくばの研究所のようにフェンスや警備が
厳重ではなかった。



老若男女だれでも自由に研究所内の森に分け入りキノコをとったり、
通勤通学のために通りぬけたをしていたはずだ。
独立行政法人になったことで、むしろ城の警護は
いっそう固くなっているように見える。

ここは国の土地だから、ここは県の場所だから、
ここは市だからという国境、県境、市境のフェンスを
はずしていくことももっと必要なのではないだろうか。

イギリスなどのように、地域の住民が集まりその地域の
土地利用計画を決め、それを行政が実施するような
まったく日本とは逆の方法もある中で、
日本の一般人が唯一できる方法は、ネット上の発信なのかもしれない。


 

 

 

 

 


 


つくばタワー・つくば気象研究所観測用鉄塔が解体される! − 沼尻真一

JUGEMテーマ:つくば遺産


つくば市の気象研究所にある観測用鉄塔(高さ213m)が
僕が勝手につくばタワー
と呼んでいるが、35年の幕を閉じて
なんと今年度中に研究施設の合理化の一環で解体される事になったという。

年間維持管理費800万、つくば1箇所だけしかない気象用鉄塔では、
得られる観測用データにも限りがあるとの事。



筑波研究学園都市が建設されて約40年、つくばタワーは
その象徴のような存在として、雨の日も雷の日も避雷針となりながら
地域の住民に愛されてきたのではないだろうか?

気象研究所は筑波研究学園都市の数多くの研究施設の中でも
1920年(大正9年〜)からある最も古い研究施設。
そんな歴史のある研究所であれば、なおさら
歴史的価値などから再利用、転用などを考えて
解体撤去を見直して欲しいと思う。



筑波山には日本初の山岳観測所として1893(明治26)年、中央気象台筑波山測候所
三階宮家により設置され、2001年で廃止され筑波大学が再利用するまでの5年間は
確か閉鎖されたままだった。

年々、地震や天気など気象観測が進歩している事は実感しているが
研究で使えなくなったから、使わずに廃墟にする。
壊してつくりかえる等の方法では無い、
つくばの多くの研究所の不要になったものを
「もったいない」ので再利用するための研究は無いのだろうか?

各省庁ごとの縦割りの研究施設なので、横の連絡はないと思うし
つくばの研究施設で不要になった、研究機械でも他の国や
地域によっては最新の研究機械となる場合があると思う。




話をつくばタワーに戻すが、

・つくばで最も高い、有料展望用タワーとして活用する
つくばタワーにはELVが付いている。
213mはつくばの中心部で最も高い場所となり、つくば市を一望できる
展望タワーとして、活用することができると思う。

・巨大クリスマスツリーとして活用する

・風力発電の風車の柱として活用する

・避雷針として活用する

この他にも、年間維持費800万を捻出しながら気象研究の歴史を広く伝える
文化施設として転用活用することができると思う。
実際、明治や大正時代に使われた気象観測用の機器(凧や水晶玉などは
もはや雨乞いの呪術や魔法に近いぐらい神秘的で見ていてとても面白い)
壊すのは簡単だが、一度も転用にトライしないのは残念。



35年前に突如として巨大な風景をつくりながら、いらないから
突如として風景を壊すのでなく、地域住民の意見も
取り入れてもらいたいと思う。

二度と作れない事をもう一度みんなで考える時間を
与えてもらいたい。

●筑波気象研究所ホームページ



●そして、その後


沼尻真一