profile
selected entry
categories
links
archives
recent comment
others

萩焼・三輪壽雪・三輪休雪「破格の創造」/沼尻真一



三輪休雪先生

エロス(愛)とタナトス(死)をテーマに創作する。

フロイト、ギリシア神話をモティーフに
生と死の衝動は一体であるというフロイトの言葉

人間シリーズは若いときの心境
未知なる女性への憧れ

龍神伝説の女性はフィクションであり、
イマジネイション。

卑弥呼シリーズでは、日本人として一番ぴったり来る女性。
本の形は文化の象徴であり、栄華と崩壊そして
女性の恥部は新たな生命誕生を予感暗示させる。

龍神伝説は2004年から10年 17シーンあり、
龍神が自分である。

生を受け、愛を知り、愛欲との葛藤そして反乱を起こし
最後は仏に救いの手を求める

中国から空海の持ち帰った五鈷杵が本来の武器から
自分の身を守るものとして、
すなわち愛欲と戒律です。

花園という作品はドラクロワの作品に影響をされました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

父が一番してくれた事は、一言も作品に対して
何も言わなかったことです。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

三輪壽雪先生から学んだことは? 

父からは、作品に向かう姿勢を学んだだけで
何も教わりませんでした。

私は昔のものをなぞるのは嫌です。

すでに価値が定まっているものには興味がない。
その当時に最高のものはもうできているんですから、
新しいものを作ったほうがいいんです。

お茶も大いに現代を楽しむ茶をやるべきです。
私の花活けなんかを使えば、官能の茶になりますよ。

能や歌舞伎は「伝承芸術」ですから、親から子へ
手ほどきが必要なんです。

しかし、やきものは「創作芸術」ですから、
過去の伝統と同じものではなく、その当時の
もっとも革新的なものが伝統なのですから、
現在の時代のもっとも革新的なものが、
伝統になるはずです。

質問:では楽家などは、同じものを作っているように
見えますが、どのように考えればよいでしょうか?

一見して同じように見えるかもしれませんが、
創意工夫をされていると思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

最後に私から皆さんへお伝えしたいことは


1、人間というものは人生の中に様々な逆境が生まれますが、
逆境でも潰されないように、人間一心不乱にやることです。
人間がうちこむ姿が一番尊いし美しいのです。
とにかく命がけでやることです。


2、世界の中心は外にあるのではなく、自分の心の中に
  あるということです。心の持ちようで変わることができます。
    
    ※萩市内の事も良く分かりません。

3、芸術家は自家発電して、ものをつくれる体制を整えるべきです。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

茶碗の世界では一楽二萩三唐津などと云われ、
それが正論のようになっているが、

「能や歌舞伎が伝承芸術に対して、やきものが創作芸術であり
過去の伝統と同じものではなく、当時もっとも革新的な
ものが伝統なのであるから、現代もっとも革新的なものが
伝統になる。」

という言葉が、やはり日本のやきものには
2つの美がパラレルしていると思う。

1、日本という国が定めた日本伝統工芸の美と価値
2、各流派の宗家が決めた美あるいはゾーンの価値

このどちらが良い悪いではなく、どちらにも接点があり
そこはスパイラルになっている。

この1,2が大きく違う点は、未来へ目指すべき美の価値が
違うことは明らかである。

1,2は本来ひとつだった時代が日本にはある。
それが、分かれ美と価値も分かれた。

茶を嗜む人も、陶磁器を趣味に持つ数奇者も、
求める際にこの作家がどのゾーンのどの美の価値なのかを
知ることが難しい、どれが良くて、どれが悪いのか
まったく分からない時代になっている。

1、は主にギャラリーやデパートが扱う
2、は主に茶道具屋が扱う

ここが日本乱世の醍醐味となるだろう。


沼尻真一