profile
selected entry
categories
links
archives
recent comment
others

MINO CERAMICS NOW 2004から2012へ 開会式 榎本徹館長から ミノセラミックスナウ2012/沼尻真一


MINO CERAMICS NOW 2012 開会式に参加しました。





榎本徹館長の挨拶の中で、前回MINO CERAMICS NOW 2004年展の
際に「美濃は、何でもありのところですね」という言葉をお客様から
頂いたという話が冒頭ありました。

それは粘土の造形表現はもちろん、それを支える
釉薬会社、粘土会社またはそれを支える材料企業等
数えきれないほどの業者さんが一人一人の若手の作家に
親身に対応していただける環境が美濃にはあります。




伝統もあれば、オブジェもある。陶器もあれば磁器もある。
本当に粘土を使った多様な表現が 美濃にはありますし、
国内だけでなく、世界的に見ても珍しい場所だということを
自分は改めて実感しました。

渡部誠一副館長からも
美濃の若手の陶芸作家を俯瞰するような資料として
2004年も図録が使われて、その当時は骨董系のギャラリーを
していたオーナーが2004年展を見たことを機に
現代陶芸のギャラリーに変更したというエピソードも伺いました。


それはやはり美濃が織部という革新の精神が根底にあることと共に
現実的には、美濃国際陶磁器フェスティバルの存在と
意匠研究所と多治見工業高校専攻科という2つの教育機関を
備えていることが、美濃がつねに最先端の造形表現ができる
要因でしょうね。と教えて頂きました。





開会式では現代陶芸で国内外の数多くの賞を受賞し、
雑誌などに載っている現代陶芸の有名作家の方々と
身近でお会いできたことが貴重な体験となりました。

今の自分にまだ何が足りないのかも
榎本徹館長からもアドバイスを頂き、また
自分の肌で感じた未熟な部分を何とか今後は克服し
洗練していきたいと感じた開会式となりました。

最後に主催者である岐阜現代陶芸美術館 榎本館長自ら
朝一番から出品者一人ひとりをお出迎えする姿勢を
まずは一人の社会人として自分は見習いたい。



沼尻真一
















JUGEMテーマ:アート・デザイン









 

We celebrated the eve of Independence Day.

 



粉引きイメージ2012のコピー3.jpg

        +Photo & Ceramic & Graphic :Shinichi Numajiri+


We celebrated the eve of Independence Day.

MINO CERAMICS NOW 2012
Museum of Modern Ceramic Art Gifu
exhibitor :Shinichi Numajiri
2012.9.1-2012.11.11


















JUGEMテーマ:アート・デザイン


















MINO CERAMICS NOW2012 出品/岐阜県現代陶芸美術館 shinichi numajiri ミノセラミックスナウ2012


MINO CERAMICS NOW 2012 出品
※ミノセラミックスナウ2012−MINO陶芸の気鋭※


岐阜県現代陶芸美術館

岐阜県の東濃地方で作られる陶磁器は「美濃焼」と呼ばれ、
古くは志野や織部などの桃山陶を生み出し、近代以降、
国内最大の生産量を誇る窯業地として成長しました。

そして、現在の東濃地方を中心とする県下の陶芸文化は、
1300年を有する美濃焼の伝統はもちろんのこと、
常に新しい風を送り込んでいる若手の活躍によって
実に多彩な様相を呈し、絶えず変化し続けています。

本展覧会は、このような状況のもと平成16年に開催された
「MINO CERAMICS NOW 2004(ミノ・セラミックス・ナウ 2004)」の
第2弾となるものです。前回に引き続き、「美濃」とあえて漢字で
表記していないのは、いままでの「美濃」ではなく、
これからの「MINO(ミノ)」を期待する思いが込められているためです。

 今後のMINOを担い、大きな飛躍が望まれる、93名の陶芸作家や
陶磁器デザイナーによって、エネルギッシュなMINOにおける
陶芸の現況を紹介いたします。


 
MINO CERAMICS NOW 2012 出品作家
青木良太 / 青山貴秀 / 浅野愛民 / 天羽羽衣 / 安斉ひさし /
安藤統 / 安藤工 / 猪倉盪 / 伊藤秀人 / 今泉毅 / 打田翠 /
 大江憲一 / 大久保陽平 / 大辻圭史 / 大野繁保 / 大野裕之 /
 大野万里子 / 大森健司 / 岡崎達也 / 小塩薫 / 垣沼千亜季 /
 加藤永司 / 加藤恒太郎 / 加藤委 / 加藤智也 / 加藤土代久 /
加藤仁香 / 加藤三英 / 加藤康景 / 加藤裕子 / 加藤亮太郎 /
川端健太郎 / 北野勝之 / 黒石久子 / 黒柳ゆかり / 桑田卓郎 /
 甲田千晴 / コウノサトシ / 小平健一 / 駒井正人 / 五味謙二 /
酒井紫羊 / 阪口浩史 / 佐藤雅之 / 柴田正太郎 / 鈴木卓 /
鈴木徹 / 大道宏美 / 眥徒け / 高橋生華 / 瀧口大喜 /
武村和紀 / 田中孝 / 土田育弘 / 土屋尚美 / 冨岡大資 /
中靈紀 / 中村崇心 / 新里明士 / 沼尻真一 / 野村佳代 /
長谷川潤子 / 服部竜也 / 林恭助 / 林茂樹 / 林友加 / 原山健一 /
 春田里美 / 日置哲也 / 樋口雅之 / 平田泰司 / 廣瀬友美 /
古川敬之 / 古川淑恵 / 本郷里奈 / 前田剛 / 三尾忍 /
水野幸一 / 水野寿子 / 宮部友宏 / 村上祐仁 / 安田周司 /
 柳井友一 / 山浦陽介 / 山岸大祐 / 山口美智江 / 山下幾太郎 /
山下奈穗 / 與語小津恵 / 吉田真人 / 若尾経 / 若尾圭介 /
若尾修平
/ (五十音順)

■会場:岐阜県現代陶芸美術館 ギャラリー�
■会期:平成24年9月1日(土)〜 平成24年11月11日(日)
■休館日:月曜日(月曜日が休日の場合は翌平日)
■開館時間:午前10時〜午後6時(入館は午後5時30分まで)

■観覧料: 一般500円(450円)、大学生400円(350円)、高校生以下無料
*( )内は20名以上団体料金 *11月3日(土)文化の日は全館無料開放

■主催:岐阜県現代陶芸美術館

■共催:中日新聞社
●ギャラリートーク:毎週日曜日、午後1時30分より
学芸員によるギャラリートークを行います。

■問い合せ:岐阜県現代陶芸美術館
〒507-0801 岐阜県多治見市東町4-2-5 (セラミックパークMINO内)
TEL 0572-28-3100 
FAX 0572-28-3101

■関連企画:アーティスト・トークリレー
9月22日(土・祝) 13:30-

文化の日スペシャル・ギャラリートークリレー 
11月3日(土)
Part�:岐阜県ゆかりの人間国宝[同時開催展] 
         13:30-14:30 講師/榎本徹館長
     会場/ギャラリー�
Part�:MINO CERAMICS NOW 2012 
         15:00-16:00 講師/渡部誠一副館長
     会場/ギャラリー�












沼尻真一INDEX

◆第19回 美濃陶芸 庄六賞茶碗展 最高賞 「庄六賞」 受賞・沼尻真一


◆日本的モダニズムの創出/沼尻真一


◆京都 桐蔭席茶事 土本宗丘先生からの教え/沼尻真一


◆ハレとケ 柳田圀男 / ハレと欠け 沼尻真一


◆MINO CERAMICS NOW 2004から2012へ 開会式 
 榎本徹館長から ミノセラミックスナウ2012/沼尻真一



◆陶芸家 細川護煕さん不東庵を訪ねる・第79代内閣総理大臣/沼尻真一


◆裏千家茶道の心/沼尻真一


◆桂離宮を知る/沼尻真一


◆織田有楽斎の茶の湯・国宝茶室「如庵」・京都正伝永源院での茶事/沼尻真一


◆ハーバード大学生と茶事/沼尻真一