profile
selected entry
categories
links
archives
recent comment
others

土本宗丘先生から学んだ利休居士像★男の茶道★沼尻宗真



土本宗丘先生  本当に
ありがとうございました。
Urasenke chado Professor
Soukyu Tsuchimoto passed away.

茶の湯の美しさ
道具の楽しさ
.
.
土本先生に
茶盌の一つも渡せなかった
情けない焼き物やですが、
必ずお渡しに参ります。
.
.
The beauty of tea ceremony
.
The fun of tools 
To the mind 
Tell me Thank you very much. .
.
To Mr. Tsuchimoto I couldn't pass 
one of the tea It is a miserable pottery, 
I will definitely give you a hand.



.

岡山の茶の湯【少林寺・三猿斎】男の茶道★沼尻宗真



山門【gate of a Buddhist temple】

place of worship consisting of an
edifice for the worship of a deity

岡山市 少林寺
臨済宗 妙心寺派
Okayama City Shorinji Temple Rinzai sect

幕末の文久3年(1863年)
岡山藩主 池田慶政の娘・萬須子と
水戸藩主 徳川斉昭の子  徳川慶喜の弟、
茂政もちまさが婚姻し
岡山藩九代藩主となっていました。

以外なところで、私の故郷 茨城県と
岡山との接点がありました。


そして、
その当時の岡山藩筆頭家老が
伊木 忠澄(いぎ ただずみ)が

隠居後にこの岡山城下の少林寺に茶室
(三猿堂)を結び、
裏千家流の茶の湯を修道したことで、
いまも裏千家の月釜が掛かっています。



茶の湯を通じ、伝統を受け継ぐ精神があれば
伝統と革新が絡み合いながら進む大きな柱と、
郷土の系譜という柱で
茶の湯はもっと好転できるな〜と思いました。



茶の湯の伝統とは何か?【十五代 楽吉左衛門】男の茶道★沼尻宗真



新聞で 十五代 楽吉左衛門先生の
記事を見ました。
15th generation
Kichizaemon Raku
Excerpts from newspaper articles.

京都の楽美術館
滋賀の佐川美術館の茶会で
実際にお会いしている方も多いでしょう。



楽先生の茶碗は
伝統陶芸ですか?
現代陶芸ですか?

皆さんは、どう思いますか?口笛

赤や黒に焼いた楽茶碗が
伝統だと思ったり

利休居士は黒なんやと思うのも
稽古に流されないで
もっと考えたら楽しくなると思います爆笑

古いものでも新しいものでも
茶の湯は常にいまを表現していると
思います。おねがい



記事を一部抜粋しましたウインク

作家は既成の認識を
越えなければならない。
言語を超えること。
それが作家の命、生きる意味だ。

自由と制約。
解放と束縛。

相対する意識を自ら大きく
揺さぶりながら
前へと進む。



十五代楽吉左衛門から、楽直入へ代わり
先生の茶の湯の本質を突いた作品が益々
楽しみです。

現在、佐川美術館では
十五代楽吉左衛門先生と深見陶治先生という
日本陶芸界の巨匠二人の展覧会が開催中です。

なつのいそさちとりたけこせかじき
ニコニコの伝統とは何か?
見えるかもしれません照れ
下矢印下矢印下矢印


深見陶治先生と十五代吉左衞門・樂直入先生


15th generation
Kichizaemon Raku
Excerpts from newspaper articles.

Writers have established awareness
Must cross.
Beyond languages.
That is the life of the writer,
It means to live.

Freedom and constraints.
Release and binding.
Increase your self-consciousness
While shaking
Go forward.

Instead of easy entry
I am more and more looking forward to seeing the work that touched on the essence of your tea ceremony.

Currently, at the Sagawa Art Museum
With the 15th Rakukichizaemon
Mr. Toji Fukami
An exhibition of two masters from the Japanese ceramic art world is currently being held.

Kichizaemon X Exhibition
Suehalu Fukami x 15th generation Kichizaemon, Raku Gikinyu
Sagawa Art Museum 2019/10/1-2020/3/29









日本初のラリックは、昭和天皇陛下より★男の茶道★沼尻宗真



東京都庭園美術館にて

20年ぶりの

ラリック展がはじまりました!!


新館では、庭園美術館/皇室と

ラリックの歴史を振り返る事ができます照れ


1921年 大正10年に昭和天皇陛下は

皇太子時代にヨーロッパ各地を巡りました。


イギリスからフランスへ

パリでは初めて切符を買い求め

メトロにも乗られたようです。



その際、街を散策し

初めて現金で買い物をされた事が

青春の思い出になっていると

晩年語られていますニコニコ


帰朝後、内閣閣僚全員に

土産としてこのラリック製の

インコの花瓶を下賜されたそうです照れ



なんとこの作品が

日本初上陸のラリック作品なのです爆笑



太平洋戦争に出征していて

昭和天皇陛下を尊敬していた

じいちゃんに教えてあげたかったな〜笑い泣き




ラリック展の、帰りには

ぜひ 庭園美術館内の重要文化財

 茶室「光華」の見学もおすすめです。口笛









茶室とは【市中の山居】ジョアン・ロドリゲス



【光悦会】第104回 京都 鷹ヶ峯 光悦寺2019





.

.







【ルネ・ラリック展】開幕−東京都庭園美術館★男の茶道★沼尻宗真




【ルネ・ラリック展】
東京都庭園美術館
2020.2.1– 4.7
.
.
René Lalique exhibition .
At Tokyo Metropolitan 
Teien Art Museum 
René Lalique exhibition It started. 
2020.2.1– 4.7



.
20年振りに開催される
ラリック展が開幕しました。
.
東京都庭園美術館でしか叶わない、
アールデコの空間と作品のハーモニー
.
.
.


 Held for the first time in 20 years Lalique exhibition. .
.
Only at Tokyo Metropolitan Teien Art Museum An Art Deco space that won't come true Harmony of the work.
.
 It is a must-see for a timeless glow.
.
.

.
.

禅語【不立文字】男の茶道★沼尻宗真


【不立文字】
.
No dependence on 
words and letters
.
in tune with each other
.
教えは師から弟子に、
心をもって心を伝える
以心伝心するものであり、
文字や言葉だけで
伝達できるものではないと
禅の世界では説かれています。
.
.
茶道は
この禅語のように
.
.
教えようもなし
また

習いようもないと

言われています。

だから、どうしても
自分で求め、
自分で得なければならない
ものであると伝えています。






.
.

神農 厳 展【堆 磁】兵庫陶芸美術館★男の茶道★沼尻宗真


神農 厳 展
堆 磁
兵庫陶芸美術館
2020/1/2〜2/16
.
Iwao Shinno
Tsuiji
The Museum of Ceramic Art, Hyogo
2020/1/2〜2/16

神農先生の初期の作品から
現在に至る作品が一同にならび
圧巻の展観でした。
.



神農先生の工房は琵琶湖を
眺める高台にあります。
.
うつろひゆく水面の景色を
堆磁という独自の技法を用いて
影青で表現されています。
.
.


日本伝統工芸展を中心に活躍
滋賀県指定無形文化財保持者
.
,
.
Mr. Shinno's atelier Lake Biwako
 It is on a visible hill. .
Changing landscape of the water 
surface Expressed in porcelain.
.
.
.
.
影みれば 波の底なる 久方の
空こぎわたる われぞわびしき
.
.

陶の道具【湿多シッタ】沼尻宗真


湿台/シッタ

This cylinder is called a sitta

.

.

.

For the pottery, the water that has been ground on the potter's wheel is dried to an appropriate degree of hardness, and the work is laid down for shaving. .

.

If you lie down, the rim will be damaged, so a cylinder is mounted on the top plate of the potter's wheel, and the work is done by laying down on the cylinder. .

.

This cylinder is called a sitta

.

.

.

焼き物は、轆轤で水挽きの終わったものを、

適度な硬さに乾燥させ作品を

伏せて削り作業を行います。


そのまま伏せると口縁を傷つけてしまうため、

轆轤の天板に円筒を備え付けて、

円筒の上に伏せて削り作業を行います。


この円筒をシッタといいます。

湿台から呼ばれたと

伝えられています。

.

.


禅語【只管打坐】ただひたすらに座る!最終回★男の茶道★沼尻宗真


【只管打坐】ただひたすらに座る!

最終回は
永平寺の開祖 道元さんを
映像と言葉から学びましょう爆笑

まずは皆さんにぜひ観賞してほしい
映像テキストはこちらです虹



2009年1月10日公開の
 
道元さんの生涯を描いています。
大谷哲夫さんの小説『永平の風 道元の生涯』を
原作としています。

映画を見て私は
まずこの二つの歌が浮かびました笑い泣き

ニヤリ世の中は 常にもがもな 渚漕ぐ 
海人の小舟の 綱手かなしも
鎌倉右大臣


ニコニコ人もをし 人も恨めし あぢきなく
世を思ふ故に もの思ふ身は

そして私が映画から感じたことはニコニコ

先頭に立ち、人を導く人間とは
いかにあるべきか?

また入門するとはどのような志あるべきか?

また自ら学ぶ姿勢とはどういう事か?


今の茶道の世界や、
今の稽古と照らし合わせてみて
皆さんも、ぜひ考えてみてくださいね照れ

聖人君子になろう笑い泣きと言いたいわけでは
ありませんので、今のペースの中で考えて
いただけたら


きっと 自分のもとめる
茶の湯の姿が見えてくるはずですおねがい





【若き仏たちへ】


高祖道元禅師さまは
「行履とは仏祖の服を着て仏祖の道を行うこと」であるとお示し下さっています。

行履とは日々の行いです。
儒聖の言葉に「先王の服を着て
先王の政事を行えばこれ先王なり」とあります。

先王とは聖人のことです。
聖人の真似をしておれば
たとえ仮のものであっても
マネルということが続いて習慣になれば、
それはただ単に真似事ではなく、
そのままが聖人ということを
説きぬいている姿なのです。




映画の中で 道元さんが爆笑 

悟ることを目的に
座禅するのではない
そのものが悟り だと説いていましたニコニコ

今回私は 茶道に身近な
臨済禅ではなく
道元さんを通じて
曹洞禅をご紹介しましたニコ


「臨済将軍、曹洞土民」

臨済禅を学んだ利休居士は
天下人 秀吉さんの側近という
立場の中から「侘び茶」を大成しました。

もちろん永遠に利休居士は
天下人 秀吉さんのもとで
名物道具を用いながら
きらびやかで、華やかな茶の湯を
続ける事もできました口笛

でも違います笑い泣き



そこに 茶の湯の本質を知る
鍵があると思いますから
ぜひ皆さんなりの
ご意見をお聞きかせくださいね爆笑





道元さんの【只管打坐(しかんたざ)】

「ただ ひたすらに坐る」

「それに成りきること」であり、
坐禅は、坐ることに成りきることであります。

体と心が一つになるということです。

背筋を伸ばし体が真っ直ぐになれば、
心が真っ直ぐになる。

心が真っ直ぐになれば、
思うことが真っ直ぐになる。

「形は心をつくる」ということです。

茶道も同じようにお互いが座ります照れ

そして何度も繰り返し、繰り返し
点前の稽古をして、型を体で覚えます。

共通する部分が沢山あります。
 
しかし、それは全て

人に見栄をはるためでも
人を叱るためでも
着物や道具を競い合う為でも、
茶道を知っているから、あの先生は偉い為でも
なんでも無いと思いますニコニコ


茶道は和敬清寂の心をつくる為にし

私達の
嬉しい事や、悲しい事
何も無い事が繰り返される日常の中に、
少しでも心を呼応させていく事を
大切にしたいな〜チューと私は思いました。


道元さんの【只管打坐(しかんたざ)】
を拙いながら学んで

私は、結局はじめに戻ってきました爆笑


入寂されました。
御冥福をお祈りいたします。
和尚様から教えていただいた事を糧に
私は今後も精進いたします。


カメお詫びとお知らせ カメ
年末にPC操作を誤り、
皆様からいただいた
大切なフォロー読者登録を誤って
削除してしまいました。
大変申し訳ございませんショボーン

また可能な方はフォロー読者登録を
何卒宜しくお願い申し上げます虹

もちろん新規フォローも
宜しくお願い致します爆笑













禅語【只管打坐】ただひたすらに座る!その二★男の茶道★沼尻宗真



前回は禅語【只管打坐】ただひたすらに座る!
その一から


密教を伝えた空海さん、最澄さんの

次のステップ


宋の時代に進んでいただきましたウインク




密教ではなく

禅宗全盛期の宋に渡り

二回目の帰朝後に、喫茶法を伝え


そして1215年に栄西さんが入滅


それから8年後


道元さんは1223年に入宋しました。


1227年に帰国後



【只管打坐しかんたざ】ただひたすらに座る!

日常生活そのものが修行である
という教えを説いていきます。




茶道にとても縁のあるのは
建仁寺や大徳寺です。
こちらは全て臨済宗ですねニコニコ

調べてみると

曹洞宗は一般民衆の間に広まり、
臨済宗は鎌倉幕府の庇護を受けたこともあり、
上級武士層に広まりました。

そこで、「臨済将軍、曹洞土民」と 
いわれたそうですびっくり

ちなみに臨済宗と曹洞宗の教えの違いは




13世紀ですから
やはり、まだこの頃の日本では
喫茶は、禅宗の僧侶はもちろん
武士や貴族、富裕層のものだったのでしょう。

その名残から、臨済宗に茶の湯文化が
現在でも密接なのだと思いますニコニコ


やはり私たちが、今の時代に
茶道をさせていただける事は
大変ありがたい事なんだな〜照れと感じます。


ちなみに15世紀に珠光さんが登場するまでの
一番分かりづらい
13〜14世紀の茶の湯の歴史も
この際いっきに
おさらいしていまいましょう爆笑


高山寺は日本ではじめて茶が作られた
場所として知られる。

栄西禅師が 宋から持ち帰った茶の実を
明恵上人につたえ、
山内で植え育てたところ、
修行の妨げとなる眠りを覚ます効果があるので
衆僧にすすめたという。


この栂尾の高山寺の境内や

その周辺に植えた茶の樹からできた茶が、

最も品質が良いとされ、鎌倉に住んでいた

武士たちも争って栂尾の茶を求めたそうです笑い泣き


鎌倉末期から南北朝にかけては、
寺院を中核とした茶園は京都からさらに広がり、
伊勢、伊賀、駿河、武蔵でも
栽培されるようになりました。

全国的に広まった茶の栽培は、

産地によって差があったため、

次第に茶の味を飲み比べが

行われるようになります。


14世紀になると、 


栂尾の茶を本茶といい、

それ以外の産地の茶を非茶といって

「本非の判断」を行い、

この茶の味を飲み分けて勝敗を競う遊び

「闘茶」に興じるようになりました。



武家のほか、公家や町人の間にも流行し、

鎌倉、京都をはじめ全国的に

闘茶や喫茶が行われるようになりました。




次回は、最終回ラブ

道元さんの映像や、まつわるお話を聞いて
皆さんなりの茶の湯の姿を
一緒に見つけましょう〜爆笑

→禅語【只管打坐】ただひたすらに座る!
 その一を見る


カメお詫びとお知らせ カメ
年末にPC操作を誤り、
皆様からいただいた
大切なフォロー読者登録を誤って
削除してしまいました。
大変申し訳ございませんショボーン

また可能な方はフォロー読者登録を
何卒宜しくお願い申し上げます虹

もちろん新規の方も宜しくお願い致します爆笑